excitemusic

別所7丁目
by urawareds2005h
ICELANDia
<自己紹介>
埼玉県さいたま市在住。36歳。

興味は、浦和レッズと自己啓発

現在、行政書士試験にチャレンジしています。

コメントやメールは商業目的以外、ほぼ返信しますので宜しくお願いいたしますね。

urawaredz@tbk.t-com.ne.jp
カテゴリ
最新のトラックバック
automobile i..
from automobile ins..
insurance gu..
from insurance guide
sprint ringt..
from sprint ringtone
nokia ringtone
from nokia ringtone
tmobile ring..
from tmobile ringtone
viagra
from viagra
viagra
from viagra
viagra online
from viagra online
viagra online
from viagra online
order viagra
from order viagra
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

アルビレックス新潟の集客力

エルゴラッソの『アルビレックス物語』を読ませて戴きました。

私自身、日ごろ浦議の住人なので、その浦議的な情報としては、アルビレックス新潟の集客力は、無料チケットを配っているから人が集まるのであり、新潟と浦和では本質的にサッカー愛が違うのだ(だから、浦和は素晴らしい)。という感がありました。

誤認とまでは言わずとも、感じたのは、経営環境の違いでしょうね。

新潟と浦和では、周辺人口が全く違う。サッカーに対する認識は、高校サッカー、埼玉師範学校等サッカー文化の歴史が長い。共通点は、お互いサッカーのような、ショウ・ビジネスなどの競合が少ないことでしょうか。

診断士的に。。

01年当時のアルビレックス新潟のSWOT

S(強み)
競合のビジネスが少ない(スキー場位か?)

W(弱み)
J2所属のためマスコミ等の注目度が低い(当時観客数 4,000人程度)

O(機会)
日本開催のワールドカップ
ビックスワンという大規模スタジアムが出来た

T(脅威)


(これじゃ、2次受からなかったのも納得。コメントで気づいたことがあれば、補充してください。。)

で、アルビレックスの戦略としては、無料招待券を配ることによって
①まず、観戦の楽しさをしってもらう
②観客が増えれば、選手のモチベーションもあがる
③魅力的な試合を提供できる
④また、試合を見たくなる

という考えだったようです。

無料チケットの配り方にしても、
①自治会の回覧板を利用
②学校経由での招待
③株主やスポンサー

等、招待客を毎回変えることによって幅広い客層に配布したという。

新潟県の場合、車社会であることから、約5,000台収容の駐車場、そしてトイレ・売店・グッズの品揃えなど快適性を重視しリピーターを獲得する。
今では、Jリーグにおいてナンバー1の集客力を誇る。

採算度外視で、まず集客力を高めようと、社長の一言で始まったそうだが、当初反対意見も多かったようだ。経営者として周囲を説得するには、確信や勝算をはっきり認識していないと説得は出来ない。そのあたりに、私はこの経営者の魅力を感じる。

蛇足ながら、浦和レッズの場合、Pride of Urawaの言葉に代表されるように、俺たちの誇りという意識がある。アルビレックス新潟には、浦和サポーターの私からそこまでの意識は現時点では感じないが、近い将来強力なライバルチームになると思う。(アルビサポの方、ごめんなさい。)
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-31 23:42 | 日々雑感

LCA大学院大学

 LCA大学院大学

コンサルティング会社である日本LCAのホームページを拝見していると、経営学専門の大学院を今年度から開設とのこと。社会人でも無理なく学べるように、授業は平日夜間と土・日曜 日に開講する通学制で実施。教授陣を見ると、実務能力の高い方が多く配置されているようです。

従来の経営学の大学や大学院で疑問に感じることは、教授陣が必ずしもビジネスを経験していない方も結構いらっしゃるのですよね。そういう場合、力の背景は、海外の著名経営学者の論文を和訳したとか、学会で権威があるとか、○○大学院出身であるとか、本当に現場で使えるのかという問題が出てきます。動物学者であれば、フィールドワークで実際の動物と向き合ったり、学問の研究対象を観察し実験を行うことが多いのですけれども、そういった意味で、実際の企業の研究がまだまだ不十分のような気が私はしております。

カリキュラムとしては、
先人経営者との交流(研究発表、講演会、ライフプランのレビュー)
企業内での実習(経営計画立案プロジェクトへの参画、商品開発プロジェクトへの参画、人事制度立案への参画、新事業プロジェクトへの参画)
企業で実際に発生している問題を扱ったケーススタディ
企業診断
を行うそうです。

この大学院のHPを見ていると、将来的に中小企業診断士の1次合格者対象の教育機関としての役割を担えるのではないかと感じてしまいました。
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-31 16:20 | 中小企業診断士試験

レッズフェスタ @埼玉スーパーアリーナ

e0095111_19153324.jpg


レッズフェスタへ、行ってまいりました。
レッズフェスタは、簡単に言うとファン感謝祭のようなものです。
今年度の選手発表・テレビ番組スーパーサッカーとレッズとのゲーム・ファンの間に入り、かくれんぼ&借り物競争みたいなものが行われました。

この日集まったのは、なんと42,000人だそうです。今年入団した黒部が、(試合でもないのに)このような会にこれだけ人が集まるのには驚きです。というような発言をしていましたが、本当にレッズの集客力は、凄いですよね。
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-29 19:35 | 浦和レッズ

バルワイド

e0095111_21472610.jpg


先週、会社の後輩の結婚式、大雪だったんですよ。

そこで、活躍していたのは、この大型暖房器具。

大型の石油ストーブです。

話題の発展性が無くて、済みません。。
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-27 21:55 | 日々雑感

好きな作家1(坂口安吾)

e0095111_22581555.jpgかなり、どうでもいいんですが今日は好きな作家ということで。。

私が高校生の頃、一番傾倒して読んでいたのは、坂口安吾です。作品としては、『堕落論』が好きですね。この『堕落論』を読む前のイメージは、あまり良くなかったですね。。

堕落論って言うくらいだし、坂口安吾自体、お薬を使用していたと聞いていたので、麻薬の擁護論者かと思っていました。そういうものを、国語の便覧に載るのはどうかと。。この人は、世の中にアヘン戦争のような、恐ろしい世界を望んでいるのかと考えていました。

実際に読んでみると、全く逆の話なのですよ。


「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄のごとくではあり得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それゆえ愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。人間は結局処女を刺殺せずにはいられず、武士道をあみださずにはいられず、天皇を担ぎださずにはいられなくなるだろう。だが他人の処女でなしに自分自身の処女を刺殺し、自分自身の天皇をあみだすためには、人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人のごとくに日本もまた堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。」

戦時中には、戦意高揚や政策のため押し付け的な価値観を強要された。為政者側の誘導でなく、まず自分自身が自問自答し、真理を導き出さなければ、ならない。と、私は彼からのメッセージをそういう風に受け取りました。

2006年の今日この内容を言うことはできると思うんですが、この時代に、この内容を認識し、発言したことに尊敬の念を抱きます。『堕落論』は実は堕落でなく、真意は既成の社会規範にとらわれず、真理に向かって厳しく生きろと、呼びかけているわけですよ。

自分自身、これは厳しいですね。おかしいことをおかしいって、言うことじゃないですか。。どこまでこれが、実践できるのか。。本当に難しい。。

結局、この書は『堕落論』でなく『堕落排除論』なんですよね。

ま、今日はこの辺で。。
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-24 23:32 | 日々雑感

診断士受験(生)

e0095111_21444338.jpg


(パソコンの不具合で、何度も直しすみません。。)

kurogenkokuさん情報交換会、開催していただきありがとうございました!
日ごろブログでのお付き合いですが、お会いするとイメージがだいぶ違いますね。。

全員とじっくりお話ができず残念です。

liverpool-tenさん >なかなか男前ですね。お近くですので、また宜しくお願いいたします。

たっかんさん>合格おめでとうございます。更なる飛躍をお祈りいたします。
でんしゃおことさん>合格おめでとうございます。駒場世代ですね。今後とも宜しくお願いします。
Kurogenkokuさんイメージしていたより、若くて気さくな方でしたね。
appleさん
オレユニさん>力強いお言葉有難うございました。的確なコンサルティングをしていただいたおかげで、進み方に自信が持てました。
ケイさん>例の会計事務所系という情報サンクスです。
よんだーるさん
Y岡さん
熱血さん
異端児さん
hironaoさん

今後とも宜しくお願いいたします。(雑な内容で申し訳ない。。)
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-22 21:45 | 中小企業診断士試験

『私は障害者向けのデリヘル嬢』 2

先日、書評を書いたところ著者の方から、コメントを頂きました。
大森さん、ありがとうございます。大変うれしく思います。

この書籍を購入を決意したときに、自分の知らない世界、特に性の問題や障害者の問題は偏見が多く、かと言って自分も理解が足りていない。そう思って読みました。

まず、知ることが第一歩ですね。

せっかくコメントを頂いたということで、あえて著者の立場でご意見したいと思います。

これらの体験を書くこと、それは、社会的意義が大変大きいでしょう。
日本という国において、性の問題や障害者の問題はまだまだ遅れており、実態を認知させるという意味では、この書は具体的であり、勉強になりました。最近では不正会計などがありますが、ブラックボックスに閉じ込められている事象はまだまだ多いと思います。

反面、性的な表現と大森さんが女性であるということは、非常に危険性がつきまとうと思います。私の場合、顔写真を公表したり、所在地もかなり限定しています。しかし、男性であることや読者数がそれほど多くないこと、このブログにおいては、それほど過激な発言をしないこと。もし、トラブルに巻き込まれても、対応する自信があること。

ごく少数ですが変質者は、確実にいますからね。。その辺は注意したほうがいいと思います。(当事者が一番認識していると思いますがね。えらそうに、すみません。。)

そして、この作品が書籍だけでなく、ドラマや映画化されるといいですね。本当に上戸彩が主演とか。。 認知度があがれば、大森さんの収入の面だけでなく、日本の世の中が良くなると思いますよ。

今後、大森さんが飛躍し、例えばコラムニストや社会学の研究家としてご活躍されるのを、楽しみにしております。

敬具
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-22 21:42 | 日々雑感

燃え尽きた。。

本日は、ISO14000の更新審査を受け、またある企業と面談をいたしました。

疲れたを、通り越して、燃え尽きました。。


まだまだ、修行が足りませんね。。
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-19 21:47 | 日々雑感

Reds Festa 2006のご案内

本日帰宅してみると、Reds Festa 2006のご案内なるものが、来ていた。
私の場合、シーズンチケットは、昨年からの購入だ。

ここ一年間を見ていても、5通くらいは、浦和レッズからハガキが来ている様に思う。
私は、基本的に世の中に疎く過大評価しすぎなのかも知れないが、浦和レッドダイヤモンド株式会社は、なかなかロイヤリティーマーケティングが実践されている会社だと思う。

内容は、レッズフェスタ(ファン感謝祭みたいなもの)でシーズンチケットホルダー優先席を設けたので、是非来てくださいとのこと。

言われなくても、行くけど。。(笑)

サッカー興行の場合、一対多の関係になりがちな気がするが、一対一×多を実践することで大分企業と消費者の距離が近くなると思う。(自分でも良くわかりませんが。)

例えば、レッズフェスタの入り口で、持参したハガキを差し出すと、バーコードで情報を引き出し、係員が「別所7丁目様、ようこそいらっしゃいました。」と声をかけるとか。(そこまでは、しないか。。)

ま、天皇杯でACL出場権を獲ったことだし、伸二も帰ってくることだし、昨年以上に自分を律し、サポートしなくちゃね(笑)。
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-18 19:41 | 浦和レッズ

1/21 診断士受験生埼玉支部 情報交換会

 今週の土曜日、以前から呼びかけのあった中小企業診断士受験生(埼玉)情報交換会が池袋にて開催される。

昨年末502教室主催でオフ会というものに初めて参加した。行く前は、やっぱりやめておけば良かったかなとか、いろいろ考えたが、実際に行って見ると楽しいものでした。何故楽しかったのかを考えてみると、①中小企業診断受験という目的が一致している。②ブログ等を通して初対面ながらもある程度知っている。ことが、あげられるのではないかと思う。

で、kurogenkokuさんの案内のメールを見ると、出席者は502教室のオフ会でお見かけした方もいらっしゃるようです。

kurogenkokuさん
よんだーるさん
でんしゃおとこさん
たっかんさん
appleさん
山岡さん
liverpool-tenさん

とのこと。出席される方のブログでも読んで予習して行こうっと。。あ、それからお手柔らかにお願いいたします。(o^ー’)b
[PR]
by urawareds2005h | 2006-01-18 12:48 | 中小企業診断士試験