excitemusic

別所7丁目
by urawareds2005h
ICELANDia
<自己紹介>
埼玉県さいたま市在住。36歳。

興味は、浦和レッズと自己啓発

現在、行政書士試験にチャレンジしています。

コメントやメールは商業目的以外、ほぼ返信しますので宜しくお願いいたしますね。

urawaredz@tbk.t-com.ne.jp
カテゴリ
最新のトラックバック
automobile i..
from automobile ins..
insurance gu..
from insurance guide
sprint ringt..
from sprint ringtone
nokia ringtone
from nokia ringtone
tmobile ring..
from tmobile ringtone
viagra
from viagra
viagra
from viagra
viagra online
from viagra online
viagra online
from viagra online
order viagra
from order viagra
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

社員が壊れる

日経ビジネス(2005.10.24 pp30-43)の特集で『社員が壊れる』というものがあった。
内容は、経営効率化やサービス向上、株主価値の拡大という名のもと、現場にかかるプレッシャーが働く人の肉体、精神を蝕むというものだ。
14ページにわたる内容なので詳述することはできないが、成果主義という名を掲げた人件費圧縮の問題や、目標管理制度という名のサービス残業。
経営の本質とは『ステークホルダー(利害関係者)との利害調整』と私自身は信じている。
顧客満足、株主価値、環境ISO、粉飾決算、とここ最近の経営ワードとして出てくる。あまり従業員満足というワードは少ない。企業はそこで働く従業員の満足をあげなければ、顧客への良いサービスや、株主に対しての成果をあげることができないのではないだろうか。

*ちなみに、ここら辺の論点はインターナルマーケティングでしたね。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-31 21:17 | 日々雑感

FC東京勝利

結婚式披露宴の帰りに、一報が入りました。FC東京が首位のガンバをリードしているとのこと。また、鹿島vsセレッソも引き分け。
上位チームとは1 ガンバ大阪 54点 2 鹿島アントラーズ 52点 3 浦和レッズ 50
いや本当にサッカーは最後までわからないですね。
次節のガンバ大阪との直接対決で勝利しなければなりませんが、本当に優勝の行方はわからない展開になりましたぞ。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-30 17:25 | 浦和レッズ

10/29vs川崎@埼玉スタジアム

今日は、勝ち点47の浦和と勝ち点46の川崎の試合。優勝への望みをつなぐには両者ともに勝たなければいけない試合である。つまり、残り6試合で勝ち点54のガンバに追いつくには、負けもしくは引き分けで、ほぼ望みがなくなる。
試合内容は、前半途中2-0でリードしていたものの前半終了ぎりぎりで2-2まで追いつかれる。お互い負けられない試合のためか、カードが目に付き退場者が複数出てもおかしくない状況だった。どちらに勝利が転んでもおかしくない状況で、ゴール裏は熱い声援を送り続けた。何が何でも勝ちたかった。 結果、闘莉王の得点で3-2で勝利。

これで、まだ、優勝への望みがつなげる。

風邪をおして、サポートに駆けつけて良かった。




*TBSのVTRを見たら、1秒ほど自分が映っており、結構嬉しかった。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-30 10:44 | 浦和レッズ

私の中小企業診断士1次試験 ④経営情報システム

経営情報システムは、私の場合初級シスアドを目標とした。中小企業診断士試験の経営情報システムは初級シスアド合格者であればほぼ合格点を取れるのではないだろうか。当然、診断士試験のそれとは、多少違いはあるが、短期目標としてはいいかと思う。

で、初級シスアドはというと、かなり早い人で2週間、普通で1.5ヶ月位で学習できるかと思う。
私の場合、LECの超短期シスアド合格講座(10,000円)を受けました。2ちゃんねるを見ると人によっては、基本情報の方が良いという意見もあるようです。

あ、それと大事なことを言い忘れていましたが、私は一次試験は独学で勉強しました。本試験は、60点です。

*LECのホームページを見たが既にその講座はなくなっている模様。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-30 10:23 | 中小企業診断士試験

私の中小企業診断士1次試験 ③財務・会計

ここの科目は、非常に重要ですね。今年は前年に比べて簡単になりました。自己採点で76点。
私は、とりあえず簿記の復習ということで2級を目指しました。内容的には、簿記3級と2級、そして1級の会計学、そしてキャッシュフローと財務論ですね。
初学者であれば、簿記3級と2級を当面の目標にしたほうがいいんではないでしょうか。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-29 10:00 | 中小企業診断士試験

私の中小企業診断士1次試験 ②経済学

一次試験の最初の科目は、経済学である。出だしが壊滅状態だと気持ちがふさぐ。よって、とりあえずこの試験では、70%を目標とした。特徴として、経営コンサルタント向けの試験であるから、経済学の難易度は決して高くない。主要な論点の基本的な部分を押さえることが必要であろう。よって、浅く、広く、確実にが求められると思う。

問題集としてLECの択一を徹底的に演習をした。上記の戦術に非常に適合している。ただし、問題と解法を暗記するレベルまで持っていく。辞書的な参考書として、中谷先生の「入門マクロ経済学」と伊藤先生の「ミクロ経済学」を使用した。伊藤先生は、文章が具体的で読みやすかった。

しかし、経済学部出身だというのに、経済学が全く身についておらず、悲しい限りだった。経済学は1.5ヶ月位かかりました。ちなみに今年の得点は68点でした。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-29 09:47 | 中小企業診断士試験

私の中小企業診断士1次試験 ①-2助言理論

1次試験の最後の科目は、中小企業経営・中小企業政策・助言理論です。
得点は一次試験1,000点の中で200点あり平成17年の配点は以下となっている。

中小企業経営    76点
中小企業政策    80点
助言理論       44点

助言理論は、①心理学に関するものと、②コーチングに関するものがある。

①心理学に関しては、中古書籍を買い通読した。暗記しようとせず返って手を広げて読んだほうが、覚える。もちろん自分なりに体系的にまとめる必要がある。ここの分野は出題が3問程度なので2問できれば、いいんでないかと思う。

②コーチングは、学んで楽しい。試験に合格するとかでなく、これは仕事や生きていく上で身につけなければいけない。試験対策としては中小企業診断協会編「コンサルティング・コーチング-中小企業診断におけるコーチング・スキルの活用」を読んだ。コーチング本は、色々出ているが、学問として書かれているものを読んだほうがいいだろう。また、試験実施団体のを読んだほうがいいと思いこれを選んだ。2回くらい読み、日頃の生活でもコーチングを心がける程度で、コンスタントに8割位は得点できる。e0095111_9343749.jpg
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-29 09:37 | 中小企業診断士試験

私の中小企業診断士1次試験 ①-3中小企業経営

1次試験の最後の科目は、中小企業経営・中小企業政策・助言理論です。
得点は一次試験1,000点の中で200点あり平成17年の配点は以下となっている。

中小企業経営    76点
中小企業政策    80点
助言理論       44点

中小企業経営は、はっきりいって中小企業白書からの出題からである。
用意するものは「中小企業白書」で試験の前年度から出題される。通常中小企業庁では、白書が発行された後に説明会が行われているが、研究者や行政担当者、予備校担当者でなければ行かなくていいと思う。
中小企業白書には、通常のものと縮刷版(通常版より安い)と図で見る中小企業白書がある。

初学者の場合、
①「図で見る中小企業白書」(毎年発行しているのか不明)を通読する。
②縮刷版で調べながら、問題を解く。
という感じで良いんでなかろうか。
注意点は、白書を読破しようと思うな。である。相当な分量があるし、手強い。しかし、中小企業白書は国内最高レベルの経営学の論文ではある。

問題は、LECさんのインターネットで白書攻略テーマーやTBCさんで書籍も出ている。
私の場合は、あまり手を広げず模試2回分を徹底的に一字一句調べ何度も読経した。
読経をすると、自分が理解をして文章を読んでいるのかが良くわかる。

とは言いつつも、えばれる点数を取ったわけではないが。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-29 09:01 | 中小企業診断士試験

佐山先生 2

佐山先生のブログの中で一番感銘を受けるものがある。組織に関する内容のものである。誰しもが感銘を受けることはないかもしれないが、私は感銘を受けた。
それは、ある意味自分の周囲の環境に感じたのかもしれない。師の引用してるダイアリーの日付が指し示すとおり、それは氏の一企業人として組織に対して強い懐疑を抱いている時期であり、私自信も組織のあり方について同じ気持ちを強く抱いている。そこの部分が、強い師に対してのシンパシーを抱いている部分でもある。TBをみるとつまらないエロサイトしかなく、対象となるTBはM&A関係に集中しているが、師の素晴らしさはどちらかというと彼の日々雑感のコメントの部分にある。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-29 00:04 | 日々雑感

私の中小企業診断士1次試験 ①-1中小企業政策

NET PLUSさんの提案にあいまって、一次試験の勉強方法について書くことにしました。
もちろん、これは、私のであって全ての人に当てはまるわけでありませんのであしからず。
使えると思った部分だけお使いください。また、平成18年は試験制度も変わりますからね。

①-1中小企業政策

1次試験の最後の科目は、中小企業経営・中小企業政策・助言理論です。
得点は一次試験1,000点の中で200点あり平成17年の配点は以下となっている。

中小企業経営    76点
中小企業政策    80点
助言理論       44点

こう考えると、結構配点割合は大きい。

【この問題のポイント】
中小企業政策の問題は、中小企業庁ならびに関係団体の制度の理解である。
①設問を読んで経験や常識では対応できない。ひたすら暗記である。
②いろいろな関係省庁や団体で似たような仕事をしており、勉強をしていて不満を感じながらも粛々と学習を進める必要がある。
例えば、経済産業省や中小企業庁、部課ごとで同じような仕事をしていたりと。。
③制度の名称が長ったらしかったり、似たようなものがあり覚えづらい。
④制度や法律は時限立法などがあり良く変わる。
⑤反面、自分が診断士合格後コンサルタントとして使える制度がある。

ということで、後回しにしたくなる領域です。ただし、後回しにするのは良くても、習得せず試験に突入するのは命取りです。

【対策】
私の場合、対策をしたのは本当に最後でした。気乗りしなかったのもありながら、暗記物は最後にまわした方が効果的かと考えたことがあります。

この科目のテキストは、中小企業庁発行の『中小企業の施策利用ガイドブック』(無料で入手できる)と各団体のホームページを中心に据えるべきだと思います。
①まず上記の『中小企業の施策利用ガイドブックを入手と各団体のホームページを利用できる環境を整えてください。
②制度は毎年変わるので、診断士試験の問題集だと新制度をカバーできていないことがあります。私の場合模擬試験を中心に徹底的に上記テキストで調べました。
③長ったらしい名称もあるので、何度も書くとか工夫するしかありません。体系的にまとめるのもいいですね。
④中小企業診断士試験という意味合いからヤマを張ると、中小企業診断士が使えるものと、中小企業庁が主管団体ですからその辺でしょうね。
⑤最後に、以前502教室の投稿のあったものを実践したんですが、読経をしました。最後の1ヶ月間は、過去の模試と解説を駅前や明かりの落ちたビルへ行って大きな声で2~3時間くらい大きな声で読経いたしました。通行人に変な目で見られたり、警備員に注意されたりしましたが効果はあったと思います。
修行僧の勉学の姿勢は参考になります。早起き・禁欲・写経・読経・説法、長い年月をかけた学習スタイルはなかなか奥深いと最近感心しているところです。

お粗末な内容ですが、要望があれば他科目もアップします。

・・・と、いっても本試験この科目全体で120点と合格ラインぎりぎりでした。
後、最後に。。暗記すれば(努力すれば)確実に得点源になる科目ですよ。心がけ次第でおいしい科目です。
[PR]
by urawareds2005h | 2005-10-28 22:51 | 中小企業診断士試験